会社案内

企業理念

お客様のご要望にお応えすべく、新製品開発のQCD向上を目指し、社員一丸となって社会貢献する。

代表挨拶

おかげさまで植木製作所は、創業50周年を迎えました。 これまで南大阪を中心に、地元密着でプレス金型を製作してまいりました。

現在は得意先様が20社を超え、東海地方や東北方面のお客様からのご依頼も徐々に増えてきております。 小さな会社ではありますが、社員一同コツコツと努力を重ねてきた結果であると大変うれしく思っております。

今後はお客様のご要望に応えることはもちろん、一歩先の技術を取得し続け、常に求められる企業で在り続けます。

代表 植木 幹男

従業員紹介

当社を支えてくれている若手従業員

3名とも30代で、当社の平均年齢を下げてくれています。得意先の営業の方から「植木製作所は若い人が多いですね」とよく言われます。1名は金型設計と組立を担当。1名はマシニングと測定器を担当。1名は外国人で、マシニングとワイヤカットを担当しながら、現場の見習い。みんな当社での勤務歴は数年ですが、多能工技師として活躍してくれています。

設計士

当社の金型設計士は5名ですが、写真はメインの3名です。
40代が2名、30代が1名。「金型屋の命は設計」との社長の言葉を胸に刻み、短納期の得意先の希望にこたえるために、連日細心の注意を払って尽力してくれています。おかげで当社はリピート率が高く、一度お仕事の依頼を頂いたお客様はその後も続けて取り引きさせていただいております。これもみな優秀な設計士と多能工技師のおかげであると感謝しています。

会社概要

社名 植木製作所
代表者 植木 幹男
所在地 〒584-0023
大阪府富田林市若松町東3-5-30
TEL 0721-25-3879
FAX 0721-25-9052
創業 1969年1月
従業員数 11名(2019年6月現在)
業務内容 製造業(プレス金型)

沿革

1969年1月 羽曳野市 貸し工場にて創業
1974年9月 トライ用プレス(WASINO 150t)導入
1975年4月 ワイヤーカット加工機(MAKINO)導入(順次 現在6台保有)
1980年8月 マシニングセンタ(新日本工機) 導入(順次 現在3台保有)
1980年10月 羽曳野市 西浦工場に移転
1986年5月 富田林市(現工場)へ移転
2017年5月 ベトナム人技術者 採用
2018年12月 画像寸法測定器(IM-7030T キーエンス)導入

アクセスマップ

〒584-0023
大阪府富田林市若松町東3-5-30

〒584-0023
大阪府富田林市若松町東3-5-30

FAX:0721-25-9052

[営業時間] 8:00~17:00
[定休日] 第2・4土曜、日曜・祝日